お知らせ・レポート

講演/研修

2018/09/21 up

【9月13日】JOCナショナルコーチアカデミー 講演会

昨年に引き続き、JOCナショナルコーチアカデミーにてお話をさせていただきました。
今年もお声掛けいただき大変光栄です!

ご関係者の皆様、本当にありがとうございました。

(スタッフより)

講演/研修

2018/09/10 up

【9月10日】パナソニック様 OB会研修講演

パナソニックOB会の研修会にて講演させていただきました。
みなさま本当に真摯にご視聴いただき感謝です。

ご関係者の皆様、ありがとうございました!

(スタッフより)

イベント

2018/09/10 up

【9月8日】第一回Fencing Vision Forumに登壇いたしました。

World Fencing Dayである9月8日に行われた第一回Fencing Vision Forumに登壇し、
LGBTや多様性とスポーツの関係性についてお話しさせていただきました。
その際改めて考えたことを下記にまとめましたので御覧下さい。

*****

【LGBTとスポーツについて考える】

「フェンシング元女子日本代表」という肩書。
今ではありがたく、また非常に便利に使わせてもらっているのだが、実はこの肩書を使うたびにちょっとした罪悪感がある。
何故なら、僕はそんなに強い選手ではなかったからだ。苦笑

ここ一番の勝負弱さはフェンシング界でも有名だったし、一本勝負で勝ったためしなどない。。。
なんとか日本代表になることはできたけど、代表と言ったって正式なナショナルチームに所属していたのはたったの一年間。
僕よりはるかに活躍していた仲間たちを差し置いて「元日本代表」という肩書で偉そうに人前で話す自分には
いつも負い目を感じている。

ただ、2020が近くなり「スポーツとLGBT」というテーマで話をする機会が増えていく中で、
現役時代を改めて思い返し気づいたことがあった。それは、

「何故、僕はあそこまで勝負弱かったのだろうか?」 ということだ。

小さいころから練習だけは真面目に積み重ねてきたので、ある程度のテクニックとそれに耐えられるだけの
肉体は整っていたと思う。練習では自分より格上の選手とだってそこそこの勝負ができた。
ただ、いざ試合本番となると誰が見ても明らかなほどの精神的弱さから勝負には勝てなかった。
様々なメンタルトレーニングも試したが、結果的にはその弱さを乗り越えられないまま、
逃げるように引退してしまった。

引退してから10年以上経った今でも、僕はその弱さをずっと自分のせいだと思い込んでいた。
しかしつい先日、LGBTとスポーツの話をしていた時に出て来た「心理的安全性」というキーワードに
ハッとさせられたのだった。

心理的安全性(psychological safety)は、周囲の反応に怯えたり羞恥心を感じることなく、
自然体の自分を曝け出すことのできる環境や雰囲気のことで、Google社が『心理的安全性は
成功するチーム構築に最も重要である』と発表したことで注目を集めた言葉だ。
ようは職場で心理的安全性が保たれているとパフォーマンスが発揮しやすいという話なのだが、
「職場」を「練習場」に置き換えて考えてみるとどうだろうか?
僕が選手だった時代、練習場や試合会場は果たしてどこまで心理的安全性が保たれていたのだろうか?

「その程度でバテるなんて、おまえはオカマか!」と、スタミナ切れした男子を野次るコーチと
それを笑う選手たち。試合に負ければ、「男っぽいのは見た目だけか? ここ一番に弱いなんて、
そうゆうとこだけ女の子が出ちゃうんだな。」
ジェンダーやセクシュアリティをネタとしたこんな会話は日常茶飯事だった。

そのような状況の中で、「僕」と思いながら「女子の部」に出ている自分には常に罪悪感があったし、
汗に濡れたTシャツが体にはり付く事で、胸の膨らみがまわりの仲間にどう見られているかばかりが気にった。

今思い返してみれば常に何かに怯え、自分のセクシュアリティがバレないように必死だった。
競技に集中できていなかったのは明らかだ。

また、ここ一番の勝負のときに必要なのは、己を信じる力ではないだろうか。
一番苦しい場面で頼れるのは自分だけ、最後はどれだけ自分を信じることができるかだ。
常に自分がいけない存在だと責めていた僕には、自分に対する自信が圧倒的に欠落していたように思う。

もしもしっかりとフェンシングに集中できる環境があったら僕は今ごろ…

たらればの話をしても仕方ないのは承知の上でも、考えずにはいられない。
もちろんあらゆる課題を乗り越えて活躍するアスリートは沢山いるし、いい訳だと言われればそれまでだ。
そもそも僕のメンタルが弱すぎただけかもしれない。
この経験を今に重ね合わせてみる。
昨今ではスポーツ界の様々な問題が話題となっているが、どの問題にも共通しているのは
選手・コーチの心理的安全性が保たれていなかったが故に起きた問題であるということだ。
そして残念ながらこれらの問題は氷山の一角にすぎず、いつどの競技団体でも起こりうる、
スポーツ界全体で抱えている大きな課題ではないか。

改善のために、まずは選手・コーチの心理的安全性を第一に考えてほしい。
その上で協会・コーチ・監督など人材の流動化を図り多様な視点を取り入れ、コーチも選手も
心おきなく競技に集中できる環境をつくること。団体内の政治やしがらみに捕われず
選手選考を明確にすることなどが必要となる。

勘違いしてほしくないのは今でも僕はフェンシングが好きだし、フェンシング仲間も大好きだ。
もう10年以上前の話を掘り返してただ文句を言いたいわけではない。
引退してから10年以上経った今だからこそ、あらゆる経験を総合的に活かして、
フェンシング界やスポーツ界に貢献したいと思っている。

選手が競技により集中できる環境をつくる手伝いをすることで、
あの時取れなかったメダルをまたみんなと一緒に目指せたら、それほど嬉しいことはない。

(杉山文野より)

講演/研修

2018/09/10 up

【9月6日】プライドハウス記者会見 登壇

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて併設されるLGBTのコミュニティスペースである
プライドハウス東京の記者会見が行われ、杉山もスピーカーとしてお話をさせていただきました。
様々な団体や企業が一丸となって作り出すプライドハウス楽しみです。

こちらのGENXYさんの記事も是非ご覧ください!
https://genxy-net.com/post_theme04/971118ll/

The Japan Timesさんも記事を上げてくださいました!

https://www.japantimes.co.jp/news/2018/09/07/national/lgbt-hospitality-house-established-2020-tokyo-games/#.W5JuNqRcWEc

 
ご関係者の皆様、お疲れ様でした!ありがとうございました!

(スタッフより)

イベント

2018/09/06 up

【9月2日】旅祭り2018×PEACE DAY トークライブ出演

旅祭×PEACE DAY-Play on Earth, Believe in Peaceーというイベントの
「世界を旅して“個性”と向き合うということ」というテーマでトークライブに出演させていただきました。
旅を通してトランスジェンダーであった自分とどう向き合ってきたのか、
など登壇メンバーととても楽しく皆様とお話させていただきました。

ご関係者の皆様、ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました!

(スタッフより)

講演/研修

2018/09/04 up

【9月2日】株式会社ツムラ 労働組合様 講演会

漢方などで有名な株式会社ツムラの労働組合の皆様にお話をさせていただきました。
「ダブルハッピネス」も多くの方がご購入くださり、
入浴剤なども沢山いただき感謝の気持ちで一杯です。

ご関係者の皆様、本当にありがとうございました!

(スタッフより)

イベント

2018/09/01 up

【 9月1日】岩手初のパレード開催!

9月1日(土)の午後、盛岡市内で岩手県初となるパレード
「IWATE RAINBOW MARCH 1st」が開催されました。

心配されていたお天気もなんとか持ちこたえ、集合場所のもりおか歴史博物館前広場には
お昼過ぎからレインボーを身につけた仲間が続々と集まり、
「50人も集らないかもと心配だったのですが、事前登録の時点で100人を越える方にご登録いただいて本当に嬉しいです!」
という主催者の少し緊張しながらも嬉しそうな冒頭挨拶からスタート。また
「その人の生活や命にかかわりますのでSNSでの発信は十分に注意してください」
と、15社以上集ったメディアや参加者に対しては、撮影禁止ゾーンについて繰り返し丁寧に説明も行いつつ、
和やかな雰囲気に包まれてマーチが始まりました。

それぞれの想いを掲げながら市内の商店街を中心に約1時間ほど練り歩き、途中沿道からは
手を振って応援する方々の姿も。

主催者の最終発表では予想をはるかに越える160名が参加とのこと。そして〆の挨拶では、
「マーチの途中、沿道から手を振っていたのは、実は私の母なんです。」
と、大学時代に自身がレズビアンであることをカミングアウトしたけどなかなか理解してもらえなかった
親子のエピソードを話してくれました。
「私の母のように人は変われます。岩手で多様性社会の実現は難しいかもしれないけど、
根気よく対話を続けていくことが大事。来年ももっと盛り上げて行きたい。」
と力強い言葉で締めくくり、みんなのあたたかい拍手をもって終了。

主催メンバーの一人に話を聞いたところ、地元でこんな活動はできないと諦めていたが、
5月のTRPに参加してこんなにも沢山の仲間がいるんだと勇気をもらったのが開催のきっかけになったと
話してくれました。地方でこういった活動を開催し継続していくのは本当に大変なことですが、
だからこそ東京からしっかりと発信し続け、その波を全国に広げていきたいと思います。

関係者の皆さん、参加者の皆さん、本当にお疲れさまでした!
これからもみんなで盛り上げていきましょう!!

(杉山文野より)

テレビ

2018/09/01 up

【8月29日】TBS系列「ビビット」出演

20日に続き、コメンテーターとして出演させていただきました。
スポーツ界の話題の件についてのコメントさせていただいたり、
訴訟について考えるコーナーもあり勉強にもなりました。
ご関係者の皆様、ご視聴いただきました皆様、本当にありがとうございました!!

(スタッフより)

講演/研修

2018/08/24 up

【8月23日】株式会社セブンイレブン・ジャパン様 講演会

株式会社セブンイレブン・ジャパン様で講演させていただきました。
ご担当していただいた皆様もとても熱心に取り組んでいただき、
又、ご視聴いただきました皆様も勤労後のお疲れの中真摯にお聴きくださり、
本当に嬉しく感じております。

ご関係者の皆様、本当にありがとうございました。

(スタッフより)

講演/研修

2018/08/24 up

【8月21日】ソニーコーポレートサービス株式会社様 講演会

ソニーコーポレートサービス株式会社様で人事担当の方向けにお話をさせていただきました。
ご担当の方からもご好評いただいたとご感想をいただき、嬉しい限りです。

ご関係者の皆様、本当にありがとうございました。

(スタッフより)